私がウツシ®をする理由


こんにちは!

新潟のウツシ手、大関です。

先日、友人のカメラマンの方にウツシをしている写真を撮っていただきました。

それも屋外で

空の下で、

木々の中で

エネルギーに満ち溢れた場でウツシをすると、やはり元氣のたまり方も違います。

受ける側だけでなく、ウツシ手側も元氣になれます

これが、より人の手の入っていない自然の中だともうっと違うでしょう。

いろいろ試したいものですね。

今日はどうして私がウツシ®をするのか?

ウツシのようなことをするのか?

それを簡単に書きたいと思います。

身体の好不調とは?

人は生きていれば色々なことが起きますよね。

山もあれば谷もある

体調が優れないときもあれば

絶好調のときもある

機嫌が良いときもあれば悪いときも

運が悪いときもあれば良いときも

そんな時に、どうすればよいのか?

私はカイロプラクティックを通して、患者さんの肉体的な不調と向き合っていましたので、特に肉体的にどうすればよいのか?

そんな事を考えていました。

不調になりにくい体つくり

不調になってもすぐに回復する体つくり

カイロプラクティックは、備わるチカラ(イネイト)の発揮の妨害(これをサブラクセーションと呼んでいます)が不調を生んでいると考え、骨を矯正(アジャストメント)することで、その妨害を取り除いて、内なる回復力、自分で治せるチカラが発揮できるようにすることを目的にしてました。

それからウツシ®と出会い、人間はこの宇宙の一部であること、壮大な宇宙の成り立ちの一部としての生命であり人間であること、目に見えないレベルからの物質の成り立ち・生命の成り立ち、目に見える肉体の回りには目に見えないエネルギー体としての人間があり、そこには天然自然の原理原則が存在すること。

この原理原則を活用すれば、肉体的な不調も容易に回復に導くことが出来るだけでなく、自らのチカラを十分に発揮する事ができる生き方が出来るんじゃないか。

そう考えました。

肉体レベルの裏に潜んでいるエネルギーレベルを高めることは、「からだ」に対する好影響だけでなく、「こころ」へも好影響をあたえるのではないか?

肉体的なエネルギーレベル向上を通して精神面の向上へ

今は、物質的な時代から精神の時代へ移ったと言われています。

物質的な欲求を満たすだけでは満たされない時代になりました。

与えられた生き方ではなく、自分で生きる意味を見つけていくことが幸せにつながるのでしょう。

肉体的な身体的な不調と向き合い、エネルギーレベルを高めることで、

自分のチカラを十分に発揮したい

自分の能力を十分に表現したい

自分のチカラを十分に発揮して欲しい

自分の能力を十分に表現して欲しい

何にチカラを発揮するかは人それぞれだと思うけど、

それが、人間として、生き物として、生命としての幸せだと思う

十分にチカラを発揮した表現

それを自分の生きた証として自分の子供たちに知ってもらいたい

そんな自分を見て子供達にもたくましく生きて欲しい

それが私がウツシ®をする理由です

自分のチカラを表現できる幸せ

まだまだ未熟ですが、それを追求していきたいと思っています。

ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いします(*^^*)

健康と医療ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする