ウツシとは?一言キーワード〜その3〜「螺旋」

ウツシってなんなのか?

ウツシってなんなのか?ってよく聞かれます。

イメージしにくくてなんだか分からないという声が多いので、

身近に感じてもらえるようウツシに関係するキーワードを毎日取り上げてみたいと思います。

これで少しでも役に立つウツシの活用を思いついてくれたらうれしいです。

【ウツシを知る一言キーワード〜その3〜】

今日のキーワードは「螺旋」

ウツシでは螺旋のエネルギーと言う言葉をよく使います。

エネルギーというのは右回りの螺旋を描いて進みます。

それが目に見える形に現れたのが台風の目などです。

気圧の渦は低気圧の時は上方向に右回り。高気圧の時は下方向に右回りに発生します。

その極端な状態が台風ですね。上方向に派手に渦を描いています。

けど、南半球に行くと逆になります。ウツシも南半球で行う場合は回転を逆に行う必要があるかもしれません。まだ誰も南半球でウツシをやったことがありませんが。

草木のツルも右回りに伸びていきます。

ウツシでは、耳のすぐ後ろあたりに、この螺旋の渦を右回りに、しかも瞬間的に起こしているのです。

良い変化に気付ける?

モノゴトに取り組む時に
エネルギーに満たされた状態とそうでない状態
どちらが成功しやすいと思いますか?

エネルギーを充電し良い変化を起こす「FUCA-ウツシ」
変化を認めるか認めないかはあなた次第です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする