ウツシとカタカムナの関係

ウツシとカタカムナの関係

理論、教えの基本

katakamuna48のコピー
カタカムナでは、

目に見える世界(顕在世界)は、

眼に見えない世界(潜象世界)の働きによって成り立っている。

と教えています。

目に見えない世界の仕組みが目に見える状態で表現されていたりします。

それは壮大な宇宙や銀河系だったり、

ミクロの世界では化学記号の原子や分子の様子だったり・・・

この世の中に目に見えるものとして存在する生命や物質が、

目に見えない世界の働きによって成り立っているとしたら、

もし、この目に見えない世界の働きや仕組みを上手く利用できれば、

自分のカラダに備わる生命としての表現が大きく変わるのではないか?

カラダの不調が自らのチカラで改善していくだけでなく、

カラダに備わっているあらゆる能力を向上することができるのではないか?

ウツシは、

簡単に言うとそのような考えのもとに、

カタカムナの中に記されている万物の法則を活用している技法・作法なのです。

だから、ダイナミックな変化や、不思議な変化が起きるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする